>

良い方法を実践してみよう

タンクの上に置こう

便器を自動で掃除してくれる道具は、見た目がカラフルなものやコンパクトなものが多いです。
そのため、置いていても変に見えることはないでしょう。
トイレを使用した後に洗剤が流れて、道具が掃除してくれます。
毎回掃除していることになるので、わざわざ掃除しなくても良くなります。

便器の中に、スタンプのように洗剤を押す道具もあります。
それでも同じような効果を発揮できるので、好みの道具を使ってください。
洗剤が流れなくなってきたら、交換のタイミングです。
詰め替えセットを本体に入れれば良いので、交換も楽でしょう。
このような道具を使って、少しでも自分の負担を削減できるように心がけてください。
道具は、ドラッグストアなどで買えます。

カビが発生しやすい場所

水回りは掃除を怠っていると、カビが生えてしまいます。
1回発生したら、落とすのが難しくなります。
生えさせないように、こまめに掃除を意識してください。
トイレを掃除してくれる道具を購入する際は、防カビの効果を持っている製品を選択してください。
それを使っていれば、カビが生えにくくなると思います。

他にも臭いを除去したり、除菌効果を持っている製品があります。
なるべくたくさんの効果を持っている道具を使用することをおすすめします。
機能が多い道具は、他の道具に比べて高額です。
しかし自分で掃除する負担を削減したり、時短に繋がるので損にはなりません。
むしろメリットの方が多いので、機能性に注目して道具を選択してください。


この記事をシェアする